16744円 OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター OPMID オプミッド OP マルチメーター CT125 モンキー125 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ メーター 多機能デジタルメーター 16744円 OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター OPMID オプミッド OP マルチメーター CT125 モンキー125 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ メーター 多機能デジタルメーター OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター オプミッド モンキー125 CT125 AL完売しました。 OPMID /indamine1456019.html,マルチメーター,マルチメーター,16744円,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , メーター , 多機能デジタルメーター,多機能油温水温デジタルメーター,オプミッド,OPMIDオプミッド,OPMID,OP,CT125,OP,モンキー125,alessioboschi.it OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター オプミッド モンキー125 CT125 AL完売しました。 OPMID /indamine1456019.html,マルチメーター,マルチメーター,16744円,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , メーター , 多機能デジタルメーター,多機能油温水温デジタルメーター,オプミッド,OPMIDオプミッド,OPMID,OP,CT125,OP,モンキー125,alessioboschi.it

OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター オプミッド モンキー125 CT125 AL完売しました 超激安特価 OPMID

OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター OPMID オプミッド OP マルチメーター CT125 モンキー125

16744円

OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター OPMID オプミッド OP マルチメーター CT125 モンキー125














■商品概要
【仕様】
・スピードメーター:-199km/h(124MPH)
・速度警告灯、最高速度記録付き
・F/Rスプロケット交換やタイヤサイズ変更時の補正可※
・オドメーター:-99999km(99999 mile)
・任意の値から開始できるユーザーオド機能付き
・トリップメーターA/B:-9999.9km(9999.9 mile)
・オイル交換距離計:500-6000km(設定単位500km)(300-3900mile)
・減算式、0km以下になるとマイナス表示。
・時計:12時間表示
・ランニングタイム(走行時間計):-99時間59分(1分単位)、100時間-(1時間単位)
・アワーメーター(エンジン稼働時間計):-99時間59分(1分単位)、100時間-(1時間単位)
・エンジン温時計:マイナス10-180度(華氏14-356)※2
・高温警告灯付き
・電圧計: 8V-18V
・タコメーター:-10000または-13000rpm
・表示レンジ切り替え機能付き(ノーマルエンジン向け10000rpm、改造車向け13000rpm)、高回転数記録付き
・シフトインジケーター
・グリーン→レッド→グリーン&レッド(両点滅)の3段階に点灯します。各回転数を任意で設定可。
・ギアポ...

■詳細説明
【OPマルチメーター】
タコメーター・ギアポジション・時計・油温計など、欲しかった機能を追加装備したアップグレードメーター。
コントラスト比の高い大型ディスプレイを採用し、視認性も格段に向上しています。
完全ボルトオン・カプラーオン設計。


■注意点
※ABS付き車に関しては以下のことをご注意ください。
クランクケースにあるメーター用車速センサーはABS装置の後輪用と兼用のため、スプロケットを変えたことによる前輪:後輪の回転差が許容範囲外になった場合、エラー(警告ランプが点滅)となりABSは機能しません。
マルチメーターに備えている速度補正機能はメーター内部での補正のため、ABS装置(モジュレーター)側の出すエラーの対策にはなりません。
ABS付き車でスプロケット交換をした場合は、車速センサーのところで信号を補正する装置(OPMIDドクタースピード等)が必要になります。

※純正温度センサーの計測値を表示します。表示値はOBD2ツールへの出力値と同値です。
シリンダーヘッドで高温になったオイルがクランクケースに戻る通路部分に純正温度センサーは装着されています。
最も熱いところで計測しているため、オイル全体の平均温度や底部にあるドレンボルト温度より必ず高い値を指します。
走行風が当たらず、オイルの循環量も減る停車中(アイドリン中)や、高回転・低速走行になるきつい上り坂などでは、発熱量>冷却力となり、燃焼部に近い純正温度センサーの値はすぐに上昇し始めます。
また、CT125はオイル全量が約20%少ないこと+遠心クラッチの摩擦熱等の理由でエンジン温度の平均値がモンキー125より15度ほど高い結果が出ています。
参考値)気温20度付近・ノーマルエンジン
モンキー125:走行中は110-115度、停車中120-125度
CT125:走行中125-130度、停車中は135-140度
「停車中」は数分間の信号待ちの値で、長く止まる程上昇します。
純正温度センサー利用以外の選択肢として、後付けの温度センサー用の読み込み回路も備えています。
モンキー125・CT125共通のドレンボルト型の温度センサーを2021春頃に発売予定。

※後付の算出式ギアポジション機能の仕組み
基本的な仕組みはメーターが速度信号とエンジン回転数信号の比率から減速比を割り出し、それを元にギア段数を選んで表示するというものです。
仕組み的な欠点として、クラッチが切れている時や半クラ中は、速度信号とエンジン回転数信号の関係性が固定されていないため正確なギアを割り出せません。
大型車などに最初から装備されている純正ギアポジションはシフトドラムの部分に各ギアの接点をもつスイッチセンサーを備えており、それと比べるとリニア感が劣ることご了承ください。

CT125の場合には1次側の遠心クラッチ(主にスタート用)と2次側の多板クラッチ(シフトチェンジ用)の2つのクラッチがあるため、モンキー125と比べると走行中の「速度信号とエンジン回転数信号の関係性が固定されていない時」=半クラ状態が多くなりがちです。特に低回転時で1次側遠心クラッチが切れている、切れかけている回転数では算出ができません。
減速比の算出自体は約0.1秒毎に行っていますので、リアルタイムとまでは行きませんが、1次クラッチの滑らないエンジン回転域でシフトアップ、シフトダウンして頂いた時に本来の反応速度を発揮いたします。回転数で言うと、できれば3000rpm以上をキープ、2500rpm以下にはならないようにしていただくといい感じになります。

モンキー125の場合は手動クラッチのみのため、クラッチレバーを離せばすぐに正確なギアを表示できますが、例えば 2 速で全開走行中に、クラッチを握りアクセルを戻して惰性で走行(速度はゆっくりと下がるが、エンジン回転数は一気に下がる)すると、実際は 2 速のままにも関わらず計算上の変速比は 3 速相当→4 速相当へと変化したことになってしまいます。
本製品は誤表示を少しでも減らすための補助機能として、クラッチスイッチのオン/オフ信号を読み込み、クラッチを握っている間は表示ギアを固定する機能を装備し、違和感を緩和しています。

その他
起動時のオープニング表示はAとBの2種類から選択可能なことに加え、Aに対してBが1/10の確率の運だめし用モードを装備しています。
タイモデル等の海外モデルでは標準装備されているイモビアラーム機能用の赤色インジケーターを純正メーターと同様に備えています。一番右側の赤色インジケーターが走行中は速度/高温警告灯として、駐車中はイモビ用インジケーターとして機能します。

※画像には他の商品が含まれています。
※メーカー都合により商品の仕様変更がある場合がございます。ご了承ください。


■適合車種
CT125 (JA55)
モンキー125 (JB02)

■商品番号
M1204

■JANコード
4573434500539

OPMIDオプミッド 多機能油温水温デジタルメーター OP マルチメーター OPMID オプミッド OP マルチメーター CT125 モンキー125