リフレア,デオドラントクリーム,/hapuku1231980.html,55g,美容・コスメ・香水 , ボディケア , デオドラント・制汗剤 , デオドラント・制汗クリーム,627円,alessioboschi.it,【医薬部外品】ロート製薬 リフレア,デオドラントクリーム,/hapuku1231980.html,55g,美容・コスメ・香水 , ボディケア , デオドラント・制汗剤 , デオドラント・制汗クリーム,627円,alessioboschi.it,【医薬部外品】ロート製薬 医薬部外品 お金を節約 ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g 627円 【医薬部外品】ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g 美容・コスメ・香水 ボディケア デオドラント・制汗剤 デオドラント・制汗クリーム 医薬部外品 お金を節約 ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g 627円 【医薬部外品】ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g 美容・コスメ・香水 ボディケア デオドラント・制汗剤 デオドラント・制汗クリーム

医薬部外品 お金を節約 ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g [ギフト/プレゼント/ご褒美]

【医薬部外品】ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g

627円

【医薬部外品】ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g







◆商品のご案内
商品名(製品名)メンソレータム リフレア デオドラントクリーム
内容量55g
商品説明(製品の特徴)薬用。
高密着クリーム。
汗・摩擦に強い。
ニオイ菌W殺菌。
しっかりケアして24時間快適。
無香料。

リフレアのニオイに効くしくみ
ニオイ菌W殺菌:殺菌有効成分W配合。ニオイの原因菌をしっかり殺菌します。
高密着持続処方:殺菌成分と制汗成分を含んだクリームが、密着し続ける処方です。
たっぷり使えてお得なジャータイプ。

「わきが」も「汗のニオイ」もしっかりと防ぐ、優れた効果
こんなニオイ悩みに
●他人より汗のニオイがきついと感じることがある
●体質的にワキガだと自覚がある
●汗で制汗剤が取れて、時間が経つとニオってくる
使用上の注意<相談すること>
●肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。使用中、又は使用後日光にあたって、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた時は使用を中止し、皮フ科専門医等へご相談ください。そのまま使用を続けますと、症状が悪化することがあります。
<その他使用上の注意>
●顔や粘膜への使用は避け、むだ毛処理直後や、傷、はれもの、湿疹、かぶれ等の異常がある時、又、かぶれやすい方は使用しないでください。
●目に入らないようご注意ください。万一目に入った場合は、すぐに水又はぬるま湯で洗い流してください。なお、異常が残る場合は、眼科医にご相談ください。

お肌に合わない時、またはお肌に異常がある時は、ご使用をおやめください。
効能・効果わきが(腋臭)、皮フ汗臭、制汗
用法・用量<使用方法>
わきの下など汗の出やすいところに、適量を塗布してください。
成分・分量<有効成分>
ベンザルコニウム塩化物、イソプロピルメチルフェノール、クロルヒドロキシアルミニウム

添加物<その他の成分>

臭化セチルトリメチルアンモニウム液、シクロペンタシロキサン、ポリアクリル酸アルキル、濃グリセリン、POE・POPジメチコン共重合体、イソステアリン酸ソルビタン、エタノール、メントール、シリル化処理無水ケイ酸、イソノナン酸イソノニル、ラウリン酸ポリグリセリル
保管及び取扱上の注意●乳幼児の手の届かない所に保管してください。
●高温又は低温の場所、直射日光を避け、密栓して保管してください。
●衣服等につきますと、とれにくくなることがありますので、十分ご注意ください。
問合せ先ロート製薬株式会社お客さま安心サポートデスク
電話…東京:03‐5442‐6001 大阪:06‐6758‐1272
電話受付時間…9:00~18:00(土、日、祝日を除く)
製造販売会社(メーカー)ロート製薬株式会社
〒544‐8666
大阪市生野区巽西1‐8‐1
販売会社(発売元)ロート製薬株式会社
剤形クリーム
リスク区分(商品区分)医薬部外品
広告文責株式会社サンドラッグ
登録販売者:村瀬吉信
電話番号:0120‐009‐368
JANコード4987241157846
ブランドメンソレータム リフレア

【医薬部外品】ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g

')

<title>医薬部外品 お金を節約 ロート製薬 リフレア デオドラントクリーム 55g " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報